HOME >母体血胎児染色体検査の遺伝カウンセリング

母体血胎児染色体検査について

検査を受ける前に考えておくこと

母体の採血による検査ですが、出生前検査です。すなわち、検査の内容を十分に理解して、特に望まない結果であった際のことを事前に十分に考えておく必要のある検査です。
非確定的な検査です。
遺伝子や染色体の変化に基づく疾患は、私たちにとって例外的なものではなく、人の多様性として理解し、尊重することが必要です。
検査結果で「判定保留」が出た場合には、再度、採血が必要になったり、最終結果が得られないことがあります。
検査結果が「陰性」であっても偽陰性があり得ますので、赤ちゃんが3つの染色体疾患を有していないとは言えません。陰性の結果でも心配や不安が続くかも知れません。
結果が「陽性」の場合、診断を確定するために,羊水検査などの侵襲的な確定検査を受ける必要があります。

 

 

TOPへ