HOME >母体血胎児染色体検査の遺伝カウンセリング

母体血胎児染色体検査について

「遺伝カウンセリング」とは?
遺伝カウンセリングとは、正確な情報提供・情報整理と、心理社会的支援が組み合わさって、患者、クライエントの自律的な決定を支援する医療行為です。
日本医学会の「医療における遺伝学的検査・診断のガイドライン」(2011年2月)には、以下のように記載されています。
『遺伝カウンセリングは、疾患の遺伝学的関与について、その医学的影響、心理学的影響および家族への影響を人々が理解し、それに適応していくことを助けるプロセスである。 
このプロセスには、
1)疾患の発生および再発の可能性を評価するための家族歴および病歴の解釈、
2)遺伝現象、検査、マネージメント、予防、資源および研究についての教育、
3)インフォームド・チョイス(十分な情報を得た上での自律的選択)、およびリスクや状況への適応を促進するためのカウンセリング、などが含まれる.
現在,わが国には、遺伝カウンセリング担当者を養成するものとして、医師を対象とした「臨床遺伝専門医制度」と非医師を対象とした「認定遺伝カウンセラー制度」があり、いずれも日本人類遺伝学会と日本遺伝カウンセリング学会が共同で認定している.
 遺伝カウンセリングに関する基礎知識・技能については、すべての医師が習得しておくことが望ましい。また、遺伝学的検査・診断を担当する医師および医療機関は、必要に応じて、専門家による遺伝カウンセリングを提供するか、または紹介する体制を整えておく必要がある』。

           

TOPへ